相談者から頂いたお手紙

当事務所のサポートにより障害年金の受給された相談者様から、感謝のお手紙を頂きました。ここでは、手紙の一部を紹介させて頂きます。

ご相談者様からこのような手紙は、みなさまの暖かいお言葉が、私たちや今後の障害年金でお困りの方々への励みになります。

(73)私一人での申請は無理だったと思います。この度、障害年金3級の受給が出来ることになりました。(人工股関節)

 この度、障害年金3級の受給が出来ることになりました。  この何年間、一人で悩んでおりましたが人工股関節置換術の手術を受けた機会に相談させて頂きました。  診断書や受診状況等証明書・病歴・就労状況申立書の記入方法、不備や訂正箇所など何度も丁寧に教えて頂き別添の申立書も作成してくださいました。  私一人での申請は無理だったと思います。  ありがとうございました。  令和3年11月 お 続きを読む >>

(72)無事、障害年金2級の受給が出来る事に、先生には心から感謝しています。(統合失調症)

私は4年前に統合失調症の診断を受けたのですが、症状が軽いと医師に言われ障害年金の受給を諦めて、 必死に働いていたのですが、途中で精神的に追い込まれ、相談支援員の方に労務士さんの存在を知り、先生の元を訪れました。 先生は私の分かりにくい説明にも耳を傾け、親身になって話を聞いてくれました。おかげで私も安心しました。 無事、障害年金2級の受給が出来る事に、先生には心から感謝しています。 令和 続きを読む >>

(71)アドバイス、ありがとうございました。無事 受給が決まりました。(てんかん)

てんかん 先生には、申請書類、病歴・就労状況等申立書のアドバイス、ありがとうございました。 無事 受給が決まりました。 令和3年11月23日 お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください 当センターを運営するさえきHR社労士事務所の佐伯 和則と申します。 障害年金は、公的な制度であるにも関わらず認知度が低いため、本来であれば受け取る権利がある方でも、様々な理由により多くの方々が受給 続きを読む >>

(70)先生のご指導とご尽力のおかげで、2級の受給が決定しました。先生には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。(うつ病)

 主人は、うつ病を発症して20年になります。  3年前には交通事故にも遭い、更に悪化していきました。  そんな中、障害年金の事を知りました。  初めは自分たちで申請するつもりでしたが、年金事務所へ電話した際に手続きの難しさを感じました。  一度申請を却下されると再申請は更に大変だと聞き、プロの方に頼るのが良いのではないかと思い先生に連絡させていただきました。  電話でお話した時から丁 続きを読む >>

(69)全て終わってみて改めて障害年金の申請の難しさを実感しています。(乳がん)

   がんでの障害年金2級の受給が決定しました。本当に感謝しております。  年金事務所に相談に行くも、3回とも門前払いのような対応でそれでも諦め切れず先生にお願いすることにしました。  主治医に依頼する診断書について、依頼の方法、又、診断書の内容の方向性を細かにアドバイス頂き、お陰で一度で納得のいく内容の診断書を手にすることが出来ました。  もう1つの難関は、病歴・就労状況等申立書の作成で 続きを読む >>

(68)気持ちに寄りそってもらった丁寧な対応に感謝いたします。ありがとうございました。(人工股関節)

  右変形性股関節症にてH30.2月に人工股頭置換術を受けました。 私は看護師として勤務しています。上記疾患により患者さまの直接援助が難しくなり、30年近く勤務した病院を退職する事になりました。 その後事務的な仕事しかできなくなり収入は減少しました。 障害年金の事は、病院内に置いてあるパンフレット等で目にはしていましたが、誰から説明を受けた訳ではなく、 「もしかして、自分も対象になるのか 続きを読む >>

(67)佐伯先生に出会い、佐伯先生にお任せして、本当に良かったと思います。 感謝の気持ちで一杯です。 言葉には出来ない程です。(知的障害・解離性障害)

 先生にお世話になったのは、私の娘(現在20才)でした。  知的障害で、小学校5年生から、学校に行けなくなり、働く事も出来ず、家での療養といった日々を送っています。  20歳になると、収入もなく、年金を支払わなければならないといけない事にどうしようかと悩んでいた所、障害年金の事を知りました。  市役所で、手続きの書類を渡された時に、私ひとりでは到底対応できないと悩んでいたところ、佐伯先 続きを読む >>

(66)金銭面での不安が解消され、治療を継続して受けることができ、日々社会復帰に向けて活動できるようになってきています。(双極性感情障害)

 障害基礎年金2級の支給決定に至りました。社会人になり、うつ病での退職を繰り返しており、 今和3年4月にも全身の疲労や全身の痛み、気持ち悪い状態が続き、動くこともしんどく日常生活もままならない状態になりました。  心療内科の先生より双極性感情障害と診断を受けました。今後自立した生活が難しく、また金銭面での不安がありました。  障害年金について知る機会があったものの手続きが難しいと聞き、兵 続きを読む >>

(65)アドバイスのおかげもあり、無事に障害厚生年金3級を受給することができました。(躁うつ病)

  私は看護師として十年以上総合病院に勤務していましたが、ストレスが重なり、うつ病を2018年に発症しました。 その後2019年に診断名が躁うつ病にかわり投薬治療していましたが、2019年に退職し、その後仕事復帰できるまでに回復は厳しい状態でした。 収入もなくなってしまったので、障害年金の受給ができればと思い、こちらの事務所に相談させて頂きました。 受診状況等証明書の訂正、診 続きを読む >>

(64)とても気さくで相談しやすく、色々助けていただき無事障害年金2級を受給できることになりました(腹膜偽粘液腫・人工肛門)

虫垂ガン、腹膜偽粘液腫という100万人に1~2人の希少ガンに患い、 3度目の開腹手術にて短腸症候群となり在宅にて点滴が必要な身体になり、障害基礎年金を申請することにしました。 インターネットにて何社かホームページを閲覧し、こちらは相談件数や決定率も表示されていましたのでお願いする事にしました。 とても気さくで相談しやすく、色々助けていただき無事障害年金2級を受給できることになりました。 続きを読む >>

<< 前の記事を見る
受給事例
たくさんのありがとうが届いております
障害年金無料診断キャンペーン
LINEで簡単相談
オンライン面談
無料訪問サービス実施中